出会いからご成婚までしっかりサポート!

KARUNA

横浜市のしあわせ結婚相談所 / 日本結婚相談所連盟(IBJ)・良縁ネット加盟

お問い合わせはメールフォームからお待ちしております

KARUNAへお問い合わせ
karuna karuna karuna

結婚、出会いは何でもよい、最後は夫婦愛

アラフォーに限らず、アラフォー予備軍であるアラサー後半の方も結婚がしたい方は、できる限り早くしたいですよね。

この2つを比べてください。

1・恋愛→結婚→夫婦愛

2・お見合い→結婚→夫婦愛

たまにお見合い→恋愛→結婚もあります。

 

ここで言う1番は、出会いが職場とか学校とかいわゆるお見合いという形ではないものを指しています。どっちにしても夫婦愛に至っているならいいんです。そりゃ1番がいいと思いますよ、そんなの現代人の一般的な願いです。とくに女性は、夢見るのが恋愛のすえのゴールでしょう。ときめきの先に自然にプロポーズがある・・・誰しも思うことです。

 

この人っていう決め手って、究極条件じゃない。やっぱり、条件が少し悪くても「この人が好きだから!」が女性は大きいと思います。決め手は、感情。扱いにくく、扱いやすく。女性の多くは、好きになった人と付き合って、そして結婚にいたりたい。皆さんの願望です。私だって婚活時代、それを望んでいました。どんなに条件が良くても好きでなければ、決め手は出にくいものです。

 

でも、1番の選択肢が、もうないと思うのなら2番に切り替えなくちゃ。自然な出会いが少ない年代、アラフォーになったら、もうお見合いです。アラサー後半の方もしかりですよね。お見合いも1つの出会い方ですから。

1番に固執してる方が時間の無駄。思考の無駄。苦しくなります。

 

 

私の昔の会社の同期の子の例です。彼女は、25歳で、いわゆる恋愛結婚をしました

彼女の彼は、多々問題のある彼でした。ギャンブル狂(マージャン)だったのです。でも、顔は、昔のグループサウンズのメンバーみたいな、ロン毛でいい顔でした。彼女の押しで結婚が決まったのですが、彼女は、実は不安でいっぱいでした。

結婚してもギャンブル狂は治らないのではないか?と。でも、結婚というものがしたかった彼女は、そんな気持ちを打ち消して決心しました。

 

結婚後も、ギャンブルのために家を空ける旦那さんは、でも、浮気はありませんでした。ギャンブルにパワーを注いでいたので、彼は、女には目もくれなかったのです。でも、いつも一緒のギャンブル仲間が彼女のようにくっついてました。

 

彼女は、一度、私のところへプチ家出をして、旦那さんを驚かすと言いました。でも、「やっぱり、やめておくよ。今は、こんなんだけど、付き合ってる時は、好きという気持ちがあったんだもん。あの時の気持ちを思い出して頑張るよ・・・・」と、言いました。彼女にとって、好きってことが結婚を決心する決め手だったのです、どんな不安も越えて。

 

しかし、結局・・・・・・2人は、離婚しました。そんなものです。しょせん、毎日の暮らし、日常になると、大事なものはときめきではありません。安心感とか尊敬ですかね。恋愛結婚をした、それで、自分を慰めていた彼女。好きからスタートしたんだからと、自分に言い聞かせていた彼女。決め手があったから。でも、夫婦愛には育てられなかったんです。夫婦愛に育てられたらそれは最高ですよ、もちろん。終わりよければすべてよし。ですからね。

 

 

最初が恋愛でも見合いでも。と、仲人の私は思います

そして、私の会員たちもまた私の元で沢山成婚が決まっています。自分のところで結婚が決まってくれたら、すごく嬉しい。並行して活動してる会員は、別のとこで決まっても嬉しい。でも、決まる人(明)の陰で決まらない何倍もの人達(暗)の悲しい現実も知っています。仲人にとっても悲しい現実です。でも・・・・・やるしかないですね。私も。婚活も人生も行動あるのみ!と言って自分自身も奮い立たせ、会員にも激励を飛ばす日々です。中年女仲人、日々奮闘中。

 

アラフォー、アラフォー予備軍の方の中には、相談所に入ろうかどうしようかと悩んでいる方も沢山いますよね。決め手のある人と本当にであえるか?ってことですよね。そういう人って、毎年毎年、ずっと悩んでいるのです。来年こそは・・・来年こそは・・・って言っているうちに年齢が重なっています。心のどこかで自然に出会いたいと思っているから結婚相談所を先延ばししてしまうのでしょう。でも、どんどん年齢が上がり、アラフォーにとって自然な出会いなどない・・。

 

結婚相談所を迷うということは、やってみたいってこと。興味があるんですよね?それが、例え前向きなものでなくても。やりたくなければ、最初から検討はしないから。で、やらないで迷い続けるくらいなら、半年とか期間を決めてやってみて、結果がでたら最高です。結果が出せなくても、入ろうかどうしようかと迷うことからは解放されます。

 

よく「迷うなら止めよう」と言うけど、この場合は、いつまでも迷っているなら、いっそやってみて結果を見た方が、さっぱりすると思うのです。多少のお金は投資です、何をするにしても。迷いながら何もせずに暮らして時間を失うのは、勿体ないです。とくにアラフォー、アラフォー予備軍の方には。そんなわけで結婚相談所を迷ってる人は、自分で期間を設けて婚活、お見合いをやってみることをお勧めします。

 

ただでさえ苦戦を強いられる結婚相談所でのアラフォーのお見合いです

本当に真剣に結婚したいのであれば、大金をどぶに捨てたくないのであれば、婚活をお見合いを第一優先にして下さいね。特に女性は、習い事や友達との飲み会、旅行などの予定を入れますが、入れてもいいんです。友達は、一生付き合える相手、でも、婚活は、今を大事にしないと年月=歳を重ねれば重ねるごとに不利になります。お見合いの日程を組む時、「その日は、○○だからダメ、この日は・・・」ってやっている余裕など本当はないに等しい。

 

これは、本当に今、お見合いをしている間だけです。まずは、お見合いが決まると仮定して、なるべく土日はあけるようにして、忙しいからを言い訳にして、お相手選びを後回しにしないで下さいね。友達とは、金曜の夜に会えばいいわけです。土日、お見合いが入らなければ、本を読んだり、お相手選びをしたり、部屋の掃除、料理など1人で楽しむ時間にしたっていいんですよね。友達とは、土日のお見合いの後に会ってもいいのですから。

 

そんなぬるい気持ちでいては、アラフォー結婚は遠のくばかりです。決め手もへったくれもない、出会いさえないのだから。前に婚活は、根活(根気のいる活動、根性のいる活動)と書きました。それは、もう結婚相談所選びから始まっています。ざっくり分けると、仲人さんとのやり取りがおっくうで、自分で行動ができる方は、データマッチング型。仲人さんに色々相談したいという方は、仲人さんがいる結婚相談所。

 

そして、仲人さんがいるところがいい方は、相談するのですから、仲人さんとの相性もありますね。ここで、私の提案は、3~4社くらい、仲人さんがいる結婚相談所を決めて、電話をしてみるのがいいのではないでしょうか?ブログの記事を読んで、HPを見てみて、電話で話してみて自分で、相性がいいと思う仲人さんを選ぶといいと思います。婚活は、まずは、お相手との縁の前に仲人さんとの縁も大切ですから。

 

私の方針は、会員が求めてこない限り、おせっかいをしない。です。事実を言います、あなたなら大丈夫なんて無責任なことは言いません。相談には提案を話します。強制はしません。アラフォーの人たちが1日でも早く結婚ができるように頑張ります。

 

 

IBJスタンダードコース良縁ネットスタンダードコースIBJ20代コース

IBJスタンダードコース良縁ネットスタンダードコースIBJ20代コース

声紋分析心理学

結婚詐欺に注意。その後のトラウマも悲しい。を読んでください。https://www.karunakaruna.com/konkatsukekkonnsagi/

安易な場所へ行ってほしくない、そう思い、4月1日、活動しやすい料金設定にしました。メニューをご覧ください。

「婚活サバイバル」横浜市のしあわせ結婚相談所 KARUNAオフィシャルブログ/ 日本結婚相談所連盟(IBJ)・良縁ネット加盟
婚活コラム 田原流婚活メソッド

しあわせ結婚相談KARUNA(カルナ)は、日本結婚相談所連盟(IBJ)と良縁ネットに加盟の優良店です。

日本結婚相談所連盟
良縁ネット
CMS 結婚相手紹介サービス認定事業所 151404
CMS 結婚相手紹介サービス認定事業所 151404

しあわせ結婚相所KARUNAは、経済産業省のガイドラインに基づいた審査(財務状態・教育体制・情報保護等)を受け、安心して利用できる相談所の証マル適マーク(CMS)を取得しています。

個人情報は厳重に取り扱いますので、ご安心ください。


女性自身 2014年7月8日号

女性自身 2014年7月8日号

「40歳からのサバイバルお見合い」の特集記事で3ページにわたり掲載されました。

 

十勝毎日新聞 2016年12月16日号

十勝毎日新聞 2017年12月16日号

十勝毎日新聞で婚活図書出版について掲載していただきました。


スマホからもアクセス
スマホからもアクセス