出会いからご成婚までしっかりサポート!

KARUNA

横浜市のしあわせ結婚相談所 / 日本結婚相談所連盟(IBJ)・良縁ネット加盟

お問い合わせはメールフォームからお待ちしております

KARUNAへお問い合わせ
karuna karuna karuna

もう1人交際中の方がいる婚活事情を相手へ言うか?

先に書いておきますと、結婚相談所での活動は同時交際の方がいても相手へ言わないというのがマナーです。とくにお見合いの席で、他のお見合いがあるのかとかの質問はマナー違反です。が、少し会う回数も増えてくると互いにぶっちゃけ話を始めてしまう・・・というのもあります。そこら辺は、2人の感覚で絶対にそこだけは触れないとしているカップルもいるでしょうし、話しているカップルもいる感じです。

 

結婚相談所での交際が煮詰まってくると、たまに「実は、もう1人お会いしている女性がいて、その人のことは断ります。」と、その本命の交際相手へ告げる男性がいます。女性でもまれにいますが、女性は、大抵はそこは言わずに静かにお断りの方へ断って、目の前の男性に決めるケースが多いです。この辺、男性と女性の違いが、またまた出るなと思う私です。男性は、よく言えば正直。素直。悪く言えば、言わなくてもいい余計なことを言うのです。

 

自分だけだな、この人・・・って、交際の濃さで分かってきますから、わざわざ言わなくてもいいのですね。2人のうちの本命の方へ言うんですよね、これがまた。お断りする相手には、言う=断りですから、相手も受け入れざるを得ないですが、これからがある相手にも言うのです。それでも、本命じゃない方には、言わずに、去る人が多いかと思います。通常、結婚相談所では、仲人を通してお断りが基本ルールですし。

 

断る相手には、打ち明けるほどの気持ちはないですし、そんな事情言わなくていいわけです。ただ、それでも、数回会い、いい人だったけれど本命さんはもう1人の方だなと思ってのお断りの場合は、申し訳ない気持ちはあると思います。女性の場合は、どっちつかずで2人の間で迷っている場合、断る可能性が高い方へは、他に交際中の人がいてそちらと迷っているとは、まず言えないと思います。

 

あなたを選ぶわって、可能性が高い方へ、自分も苦しくて打ち明けてしまうというパターンではないかな。こちらの方のほうが大事ゆえに。今、迷っていて苦しい・・・って。正直な自分を出してしまう。私なら、罪悪感を自分が引き受けて、相手に不要な悲しみや不安を与えずにきちんとその人だけにしてから「あなたに決めた」と言うけれど。いってしまう人は、好きだから、正直に言いたかったんでしょうね。

 

そんなんでですけど、そんなバカ正直な告白をしてくる男性へは、是非とも向き合って欲しいと思う仲人田原です。たとえ、一言が余計な彼でも。なぜって、あなたを選んでくれたのですから。迷ってるって言ってるのではなく、もう1人は断るよって話ですしね。

 

そういえばうちの夫は、私と会ってから、翌週会うことが決まっていた方を1人キャンセルしました。(データマッチングゆえキャンセルも自由)それを聞いたときは、嬉しかった!のと同時にこの順番が逆だったらどうなっていたのだろうと思うと恐ろしかったです。縁とは本当にタイミングも運も加わってきます。

IBJスタンダードコース良縁ネットスタンダードコースIBJ20代コース

声紋分析心理学

2016年12月16日 十勝毎日新聞社会面に掲載されました。

メルマガ「婚活サバイバル」
「婚活サバイバル」横浜市のしあわせ結婚相談所 KARUNAオフィシャルブログ/ 日本結婚相談所連盟(IBJ)・良縁ネット加盟
婚活コラム 田原流婚活メソッド

しあわせ結婚相談所KARUNAは、日本結婚相談所連盟(IBJ)と良縁ネットに加盟の優良店です。

日本結婚相談所連盟
良縁ネット
CMS 結婚相手紹介サービス認定事業所 151404
CMS 結婚相手紹介サービス認定事業所 151404

しあわせ結婚相談所KARUNAは、経済産業省のガイドラインに基づいた審査(財務状態・教育体制・情報保護等)を受け、安心して利用できる相談所の証マル適マーク(CMS)を取得しています。

個人情報は厳重に取り扱いますので、ご安心ください。


女性自身 2014年7月8日号

女性自身 2014年7月8日号

「40歳からのサバイバルお見合い」の特集記事で3ページにわたり掲載されました。

 

十勝毎日新聞 2014年8月5日号

十勝毎日新聞 2014年8月5日号

十勝毎日新聞の「われら十勝人」のコーナーで、仲人田原のご紹介をしていただきました。


スマホからもアクセス
スマホからもアクセス