出会いからご成婚までしっかりサポート!

KARUNA

横浜市のしあわせ結婚相談所 / 日本結婚相談所連盟(IBJ)・良縁ネット加盟

お問い合わせはメールフォームからお待ちしております

KARUNAへお問い合わせ
karuna karuna karuna

結婚相談所の仲人は男性に甘い?!

アラフォー女性からの質問メールをもとに男性会員も加わってのお題目です。(本人たち了承済み)リライトです。

 

こんにちは。アラフォー女性代表の○子です。最近、疑問に思うことがあって、多分、他のアラフォー女性も知りたいかと思うので、ブログを書いている田原さんにお聞きしてみようと、メールしました。今の婚活市場は需給ギャップが起きているんですよね。女性は数歳差を希望するけど、男性は固定年齢=35歳以下を希望する、というギャップ。だから女性に対しては「希望年齢を上げる「枠を広げる」ことを仲人さんは皆さん仰います。

 

が、男性に「希望年齢を上げる」アドバイスはしないんですか?生殖能力が衰えたアラフィフ男性が、子供が欲しいから35歳以下を希望するのはお門違い。それに、若い男性も若い女性を希望するだろうから、パイは限られますよね。でも相談員さんや仲人さん、皆さん女性にばかり「変えろ」と発信しているように感じます。

男性は何歳であっても何も変えなくても、希望が通るくらい女性が余っているんでしょうか?(医師などの高条件の方は除いて)

 

もう1名の女性からもメールが来ました。私は、仲人さんが、男性陣にどういう指導してるのか、気になります!いろいろなセミナーで各社の仲人さんのお話を聞く機会もあるのですが、みなさん、写真を可愛く、お見合いの時も女の子っぽい可愛い感じで、私の年齢で言うと40~53才でバツイチ込みで申し込みしなさいと言われています。(彼女は、30代後半)私は自分が年齢的なことで不利だなと思うので、そのよう心がけていますが、男性陣は自分が年だから~とか、はげてるから~とか、バツイチだから~とかは不利だとは感じてないということでしようか?

 

私からのお返事です。もちろん、私は、男性会員にも言っていますよ。男性にも再三言っています。対象の女性の年齢をあげてと。でも、男性は、ここの部分だけかたくなで、女性以上に気持ちを切り替えれないんです。絶対35歳以上と会わない男性、うちにもいます。あといくら言っても多くの男性は、聞き流しますから、仲人さんもあきらめているのかもしれないですね。そうやって結婚できなくても本人の自由ですから、そうして結婚できない人生をまっとうするのも、その男性の。だから、もう言わないし、ブログにも書かないんだと思います。

 

女性のほうが、ここもなんとかできるんですよ、相手がいい方なら年齢はあげれるでしょう?けれど、出産は、いい方でも年齢の限界があるから、子供のない人生も視野にいれれる男性は少ないんです、そして、受け入れられない。自分のことは棚に上げて~。男性は、頑固です。

 

仲人もそこまで言い張る男性には、それ以上は言えないのです。仲人さんたちは、嫌われたくないというより、言っても無理だと あきらめてるんじゃないかな。私も男性会員へは2回言ってだめならもう言わないです。そしたら、53歳で28~32歳にばかり申し込みしていた男性、退会しました。50歳~55歳に申し込んでと言ったら。53歳の男性が、28~32歳にしか申し込まず当然ながら1件も受諾がないので、「35歳くらいにして」「37~42歳」「45~47歳」とじょじょにあげていったのです。私も。それでも1件もお返事はなし。それで、「50~55歳に」ってメールをしたら「退会します」って返事が来たのです。そして、彼はやはり言いました。「男性、今って、結構若い子と結婚してるじゃないですか・・・」そう、カトちゃんはじめ芸能人のことを言っているのです!

 

カトちゃんは、芸能人。

カトちゃんは、お金がある(たぶん)

カトちゃんは、面白い、芸達者、才能を持っている。

 

男性の年齢だけ比べて自分とカトちゃんが一緒と思う発想、ここが女性には、ほぼいません。きりこだって・・とは、女性で私のところへ面談に来る方、誰も言いません。女性は、きりこさんと自分は、違う世界の人って理解しているのです。

 

きりこさんは、芸能人。

きりこさんは、お金がある(たぶん)

きりこさんは、面白い、きれい。

 

ですから、仲人も可能性があるほうへ助言するわけですよ!!そうすると、男性会員ではなくて女性会員へ言うのですよね。「結婚相談所の仲人は、男性に甘い?!」の質問をくれたクレバーなアラフォー女性○子さんは、私のところには入会しないと思っていたのですが電話がきて面談をして即入会しました。面談の時に説明する用紙に「成婚率・・・・自分次第」と、私は書いているのですが、それを見て○子さんがうけていました。

 

うけ狙いで書いたのではないのですが、成婚率○○%って、結婚が決まる人には100%だし決まらない人には0%。それくらい大変よって意味で言うだけで、成婚率の数字に何の意味もないと私は思っています。女性陣がいいと思うような好条件の男性は、多少のことは不利と思っていないでしょうね。プロフィール上だけでは、もてるので。(会ってみてからが本当に好かれるかどうかになるのですが、勘違いさんがいます)でも、一般の男性は、不利なものは不利と感じています。特に年収。でも、こと年齢に関してだけはかたくななんです。

 

私の男性会員から下記のメールが届きました。

(この男性はアラフィフで、同年齢くらいの女性を希望しています。女性陣の言い分をもっともだと思っている男性です。その後成婚退会しました。)

 

田原様

なかなか手厳しいアラフォー女性からの御意見がおありのようで… たしかにこの女性が言わんとしているのはよくわかります。希望年齢のミスマッチだけはどうにもならんです。何故男が35までにこだわったり十何年も離れた人に申し込みしたがるのか、これは子供を望むだけじゃないからだとは思いますよ。結局支配欲があるから年下ならコントロールしやすいという下心があるからかな、多分。

 

たしかに…40近くになると、相談所に登録したものの結婚できなきゃそれでもいいかっていうのがちらほら出てくるから、多少なりとも勢いのある若いのに近づこうとしたがるのかも知れんですね…男って。でもね、この女性の言うように男ももっと希望年齢引き上げろと言っても世の中の婚活男性みんなに通じるのかなあ。

 

私からの返事です。

そうですね、出産だけではなく、男性とは優位でいたかったり、単純に若い奥さんを自慢したりします。これは、日本人特有らしいですね。そして、条件のいい男性は、結婚相談所に入ってプロフィールだけがもてていて、実際会ってからはもてないのに勘違いをしてしまうこともあります・・・。

 

逆に女性は、普段はもてるのに年齢で切られて、ここではなかなかお見合いにならない場合もありますね。そんな恋愛経験のあまりない男性が、自分より口が達者な同世代を好むはずもなく、かつ、そう考えると女性も同じくらいの年齢の男性より10歳くらい上のほうが頼れるかもしれないですね。

 

女性は、同世代がいいけれど、実際会ってみたら、物足りない・・・???でも、10歳も上よりは、自分が育ててでも若いほうがいいのかな。そうも言わない女性が多いような気がしますが。でも、お互い歩み寄っていくのが結婚生活ですから、男女ともにそこは。たぶん、男性もそんな若い女性と実際会話をしたらかみ合わない現実に気づくのでしょうが、なんせ受諾がないから空想の世界をさまよっているのでしょう。

 

仲人も気づかせたいけれど、受諾がないから気づけない。そのまま空想の世界で申し込む。という悪循環でもがいている男性会員は多いでしょう。今回は、結婚相談所は女性にだけ厳しいことを言うのか?というのが論点。私は、男女ともに言いますというのがこたえでした。言ったから退会してしまったわけです、53歳の男性。

 

田原様

なかなかこのテの話題は反響あるようですね…たしかに婚活やってたらみんな気にする点ではありますね。で、今日のブログの女性も同じこと言っておるようで、そのミスマッチに対する歯痒い気持ちはわかるんですが…現実に40過ぎとお見合いしている立場からすると、成る程たしかに世の男の大半が歳の離れた人を希望するのも無理ないなって感ずる時が多々あるんですわ。少数派?の自分ですらね。

 

たしかにアラフォーでも謙虚で好感持てる人沢山いるけど、全くそうでない方もおります、実際に。(中略:個人情報なので)話の内容が触れていいものかどうかってことすら想像できない方がいる。無論顔には出しませんけど。とにかく…30後半から40過ぎはとうの昔に適齢期過ぎた者同士なんだから、お互いに謙虚さを持って出会いの機会を大事にしていくしかないでしょうね。また、そういう人とのご縁を大事にしたいですよ。

 

田原より。

この男性が言うのは、年齢ではなく謙虚さや思いやりが大事ということで、自分の年齢を棚に上げて若い女性を選ぶ男性も謙虚ではないけれど、思いやりのない発言をする女性も年齢問わず謙虚さがないということでしょう。

 

私は、あんまりな年齢の女性を望む男性に対して、そんなに出産やら若いことに固執するなら自分がもっと若い時に真剣に結婚を考えるべきだったのでは?と思います。過ぎてしまった時は、取り戻せない、その選択をしたのは自分。仕事が忙しかったからとか、その時は結婚願望がなかったという選択をその時の自分はしたわけです。自分ではどうにもならない理由もあるでしょう。それでも、それは自分の人生の一部で事実です。

 

だったら、今から取り戻すなら相手に望むばかりではなく、今の自分を顧みて今の自分がここまで年齢を重ねてしまった事実と過去にそういう選択をした結果であると認識をして相手を探してはどうかなと思うのです。自分だけ棚上げして自分の年齢を置き去りにして、若い女性を望むのは、やはり女性側に年齢をあげなというように男性にも言いたいです。

 

数年前に成婚した私の女性会員は、40歳。彼は2歳年下でした。その彼も入会当時は20代に申し込みをしていましたが、仲人さんに諭され7歳上まで会っていたそうです。お見合いの席で、彼はこの私の元会員に年齢のことを言いました。彼女は、泣きそうなくらい不快な思いをしたのですが、「年下だし三男でちょっと甘いし仕方ないかな」と許したんですね。

 

子供っぽい彼には、やっぱり姉さん女房が合うのです。今では2人は、すごく幸せにしています。そして、同年前後を望む女性は、この大きな心、包容力も必要になってくるということですね。やはり、結論としては、男女ともに歩み寄ってほしい。そう思う仲人・田原です。ただ、私は言いはしますが、それをどうするかは個人の自由です。

IBJスタンダードコース良縁ネットスタンダードコースIBJ20代コース

声紋分析心理学

2016年12月16日 十勝毎日新聞社会面に掲載されました。

メルマガ「婚活サバイバル」
「婚活サバイバル」横浜市のしあわせ結婚相談所 KARUNAオフィシャルブログ/ 日本結婚相談所連盟(IBJ)・良縁ネット加盟
婚活コラム 田原流婚活メソッド

しあわせ結婚相談所KARUNAは、日本結婚相談所連盟(IBJ)と良縁ネットに加盟の優良店です。

日本結婚相談所連盟
良縁ネット
CMS 結婚相手紹介サービス認定事業所 151404
CMS 結婚相手紹介サービス認定事業所 151404

しあわせ結婚相談所KARUNAは、経済産業省のガイドラインに基づいた審査(財務状態・教育体制・情報保護等)を受け、安心して利用できる相談所の証マル適マーク(CMS)を取得しています。

個人情報は厳重に取り扱いますので、ご安心ください。


女性自身 2014年7月8日号

女性自身 2014年7月8日号

「40歳からのサバイバルお見合い」の特集記事で3ページにわたり掲載されました。

 

十勝毎日新聞 2014年8月5日号

十勝毎日新聞 2014年8月5日号

十勝毎日新聞の「われら十勝人」のコーナーで、仲人田原のご紹介をしていただきました。


スマホからもアクセス
スマホからもアクセス