出会いからご成婚までしっかりサポート!

KARUNA

横浜市のしあわせ結婚相談所 / 日本結婚相談所連盟(IBJ)・良縁ネット加盟

お問い合わせはメールフォームからお待ちしております

KARUNAへお問い合わせ
karuna karuna karuna

40代半ば女性の成婚40代、50代女性へ 風穴をあける婚活を!

 40代後半、同じ年齢の男性と成婚した女性からの婚活のエピソードです。ご本人に了承得て書いています。

 

婚活中に心がけたこと

◇自分が心地よい状態を保つ◇

・私の婚活歴は長かった。大手の相談所に34歳で入会したが、28歳頃から社会人サークルヘ参加したりパーティーにも出席していた。

 運良く付き合うことになっても、結婚までにはたどり着かず30代半ばを迎え、婚活を始めた。

 奈美さんの事は何かのブログ経由でイベントを知り参加、その後入会した。

・KARUNAを卒業できた今、何が決め手だったのかはわからない。

 自分は同じようにお見合いをこなしてきて(ここ数年は出会いというより、こなすになっていた)、向こうからやって来て、なんとなく流れにのったとしか表現できない。

 

・心がけていたのは、出来るだけ自分が気分良くいることだった。活動を楽しむ、前向きに臨む、ということは正直出来なかった。相手がいることなので気遣いもするし、想定外の出来事に出くわし疲れることも多々あったからだ。

 

・それでも何とか自分を上機嫌な状態にしておくことに注力したのは、嫌な出来事を引きずっても何も好転しないし、重たい気持ちとは早くオサラバしたかったからだ。

・どのように自分を上機嫌にしていたかというと、見た目から入る、というのを苦し紛れに実践していた。

 新しい教科書を手にした新学期の気分、新しいウエアを買ったときのトレーニングへの意欲が高まる、その状態を婚活に持ち込んでみたのだった。

 

・プロにメイクをしてもらうと、自分って意外にいけるんじゃない?と気持ちがちょっとアガる。

 髪もブローして巻いてもらうとツヤツヤになり、このまま家に帰るのはもったいない、出かけねば、という気分になる。

 

・普段は心理的ハードルが高い、オシャレエリアの表参道にも足を運んでみた。

 特に出会いはなかったが、お店ではリラックスして、若い店員さんとも臆せずに話せた。

 

・このウキウキ感が発散していたのか、たまーにカフェで20代、30代の男性に声を掛けられることがあった。

 ノリでゴハンの約束をしたこともあった。お見合いでは正直疲れていたが、ゆるい出会いは楽しい時間だった。

・活動で疲れている人には、外の出会いだと楽しめるかも!?、と伝えたい。

 お見合いでも、突然の出会いでも、結局は自分の判断で相手を見極めるのだから、活動に行き詰まりを

 感じているのであれば、違うことを試してみるのも突破口のひとつではないかと思う。

 

田原より。長かった婚活に10月でピリオド。女性であることを忘れずに積極的にお見合い、交際を受諾していたからこそ掴んだご縁でしたかね。

 

末永くお幸せにね。

IBJスタンダードコース良縁ネットスタンダードコースIBJ20代コース

声紋分析心理学

2016年12月16日 十勝毎日新聞社会面に掲載されました。

メルマガ「婚活サバイバル」
「婚活サバイバル」横浜市のしあわせ結婚相談所 KARUNAオフィシャルブログ/ 日本結婚相談所連盟(IBJ)・良縁ネット加盟
婚活コラム 田原流婚活メソッド

しあわせ結婚相談所KARUNAは、日本結婚相談所連盟(IBJ)と良縁ネットに加盟の優良店です。

日本結婚相談所連盟
良縁ネット
CMS 結婚相手紹介サービス認定事業所 151404
CMS 結婚相手紹介サービス認定事業所 151404

しあわせ結婚相談所KARUNAは、経済産業省のガイドラインに基づいた審査(財務状態・教育体制・情報保護等)を受け、安心して利用できる相談所の証マル適マーク(CMS)を取得しています。

個人情報は厳重に取り扱いますので、ご安心ください。


女性自身 2014年7月8日号

女性自身 2014年7月8日号

「40歳からのサバイバルお見合い」の特集記事で3ページにわたり掲載されました。

 

十勝毎日新聞 2014年8月5日号

十勝毎日新聞 2014年8月5日号

十勝毎日新聞の「われら十勝人」のコーナーで、仲人田原のご紹介をしていただきました。


スマホからもアクセス
スマホからもアクセス